渋谷スポーツ共育プラザ&ラボ すぽっとはスポーツを軸とした渋谷区の子育て支援施設です。

HOME > Topics

【オンライン特別対談】3/12(土)『スラムダンク勝利学』著者の辻秀一氏 x “すぽっと”代表杉山芙沙子が語る【子どもの生きる力を育む「スポーツの魅力」】






【スラムダンク勝利学】の著者である辻秀一先生、登場!!

・子どもがスポーツ教室や文化教室に通っているけど、試合や発表会で本来の力が出し切れない。
・スポーツしているけど、スポーツ(文化活動)を通じてどんな能力を育てたいか明確なイメージが描けていない。
・試合に負けた子ども・メンバーに入れなかった子どもに、どんな声をかけたら良いの?

本イベントは、アスリート・ノンアスリートを問わず、保護者の方々やスポーツ指導者に向けて、「勝つか負けるか」という勝利至上主義ではない、真のスポーツの価値(元気・感動・仲間・成長などを与えてくれる)について【スラムダンク勝利学】著者である辻秀一先生にお話しいただきます。

お子様の「生きる力」を育む鍵は、スポーツの「勝敗」ではなく、取り組む【プロセス】にこそあります。勝敗によらずスポーツに取り組むことによって得られる力、スポーツに取り組むことの意味を一緒に考えてみませんか。

後半は、“すぽっと”代表の杉山が皆さまの疑問・悩みなどを代弁して、辻先生との掛け合いの中で先生のお考えをお話しいただきます。またコミュニケーションの大切さ、自身と向き合い心を整えるといった観点についても触れていただくことで、子育てに日頃から奮闘されている子どものアントラージュの皆さまに、気づきや生きるヒントなど、多くの学びに繋がる機会をご提供できればと考えております。


...................

◆開催日時:2022年3月12日(土)10:30~12:00
◆開催方法:オンライン(Zoom)
◆対象:保護者、指導者(渋谷区在住・在学・在勤優先)
◆参加費:無料
◆定員:90名
※定員を超えるお申し込みがあった場合には、キャンセル待ちを行います。
※受付開始:2/17(木) 10:00より




<講師プロフィール>
辻  秀一 氏  Tsuji Shuichi
スポーツドクター
株式会社エミネクロス 代表

志は2つ
 ご機嫌な日本を創る。『Japanご機嫌プロジェクト』
スポーツは文化だと言える日本にする。『日本スポーツ文化プロジェクト』ご機嫌プロジェクト』

北海道大学医学部卒業後、慶應義塾大学で内科研修を積む。その後はパッチアダムスの影響を受け、“人生の質=クオリティーオブライフ(QOL)”のサポートを志す。その後、スポーツにそのヒントがあると考え、慶大スポーツ医学研究センターを経て、人と社会のQOL向上を目指し(株)エミネクロスを設立。
スポーツ版パッチアダムスを目指す。
応用スポーツ心理学をベースに、個人や組織のパフォーマンスを最適・最大化する自然体な心の状態「Flow」すなわち“ご機嫌な心”を生みだすためのメンタルトレーニングを展開。クライアントは産業医として企業はもちろん、オリンピアンやプロアスリート、音楽家・芸術家、経営者など。2020東京オリパラでは8競技10人のメンタルサポート、5つの銀メダルと1つの銅メダルに貢献した。
子どものための“ごきげん授業”と大人のための “ごきげんハウス”を展開する社団法人Di-Sportsの代表理事を務め、日本代表アスリート40人と”ごきげん先生”活動を実施。また、内観というInsideFocusを軸に思いをカタチにするブランディング・サポートをする(株)GOKIGEN BEATの共同代表。さらに、スポーツコンセプターとして幅広く、行政・大学・地域・企業・プロチームなどと連携し、スポーツの文化的価値「元気・感動・仲間・成長」の創出を目指す。

◆著書
37万部突破の『スラムダンク勝利学(集英社インターナショナル)』をはじめ、『フロー・カンパニー(ビジネス社)』、『自分を「ごきげん」にする方法(サンマーク出版)』、『Play Life, Play Sports~スポーツが教えてくれる人生という試合の歩み方~(内外出版)』、 『自己肯定感ハラスメント(フォレスト出版)』 など多数。

詳しくは公式HPへ [http://www.doctor-tsuji.com/]

一覧ページへ